• TOP >
  • 顧客登録方法

顧客登録方法

顧客登録をしていただくにはご本人様確認が必要となります。

1.顧客登録と併せて登記等の有料サービスのご依頼がある場合

登記等の手続きの中でご本人様確認をさせていただきますので、下記の手続は不要です。
直接お電話又はお問い合わせフォームにてご連絡ください。

2.登記等の有料サービスのご依頼がなく顧客登録のみをする場合

ご本人様確認の方法には、【ご面談によるご本人様確認】と【郵送と電話によるご本人様確認】の
2種類がございます。各方法の手続きの流れをご確認の上、いずれかをお選びください。

なお、万全なご本人様確認の実現のため、可能な限り、【ご面談によるご本人様確認】をお願いしております。
【郵送と電話によるご本人様確認】は、遠方の方やご面談の時間がどうしても取れない方に限らせていだたいております。

ご面談によるご本人様確認

ステップ1ご面談のお申込み
下記のご面談お申込みフォームからお申込みください。2営業日以内に、当事務所から日時・場所の詳細をメール又はお電話にてお知らせいたします。
なお、ご面談場所は当事務所最寄りのJR浜松町駅から30分圏内の場所に限らせていただいております。
ステップ2ご面談
ご面談は当事務所の司法書士がさせていただきます。ご面談では、ご本人様確認の他、当事務所のご紹介、顧客登録方法のご説明等をさせていだきます。なお、ご面談時には、下記の「ご面談時必要書類」をご用意ください。
ステップ3登録審査
ご面談時にご用意いただいた資料を基に登録の審査をさせていただきます。審査についての詳細は「ご登録をお断りさせていただくお客様」をご参照ください。
ご登録をお断りさせていただいた場合、お預りした書類は返送させていただきます。
ステップ4顧客登録
審査が完了いたしましたら、審査結果をメールにてお知らせいたします。登録が可能なお客様につきましては、登録に必要なお客様コード及び登録用パスワードも併せてお知らせいたします。メール到着後、当ホームページの顧客登録フォームからご登録ください。

ご面談時必要書類

次の①②の書類をご面談時にご用意ください。

①本人確認資料の原本(次のいずれか:運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード。ないときは健康保険証)
②投資用不動産を所有していることが確認できる書類の写し(次のいずれか:不動産謄本、売買契約書、固定資産税等納税通知書等)

郵送と電話によるご本人様確認

ステップ1手続お申込み
下記の郵送と電話によるご本人様確認お申込みフォームからお申込みください。
ステップ2必要書類のご送付・登録審査
下記の郵送手続必要書類を当事務所までご送付ください。お送りいただいた資料を基に登録の審査をさせていただきます。審査についての詳細は「ご登録をお断りさせていただくお客様」をご参照ください。ご登録をお断りさせていただいた場合、お預りした書類は返送させていただきます。
ステップ3登録用パスワード等のご郵送
審査が完了いたしましたら、審査結果をメールにてお知らせいたします。登録が可能なお客様につきましては、当事務所から顧客登録に関する資料、登録に必要なお客様コード及び登録用パスワードを転送不要郵便(簡易書留)にてお送りいたします。
ステップ4電話確認・顧客登録
顧客登録に関する資料、お客様コード及び登録用パスワードの到着後、当事務所からのお電話にてお客様コード及び登録用パスワードの読み合せをさせていただきます。この読み合せをもってご本人様確認とさせていただきます。その後、当ホームページの顧客登録フォームからご登録ください。

郵送手続必要書類

次の①②③の書類をレターパックや簡易書留等の追跡可能な方法にて下記の住所までご送付ください。

〒105-0004
東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル9F
PEAKS TOKYO OFFICE 顧客登録係
TEL 03-6550-9220

①本人確認資料の原本(次のいずれか:住民票、印鑑証明書。発行から3か月以内のもの)
②本人確認資料の写し(次のいずれか:運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード。ないときは健康保険証)
③投資用不動産を所有していることが確認できる書類の写し(次のいずれか:不動産謄本、売買契約書、固定資産税等納税通知書等)

ご登録をお断りさせていただくお客様

当事務所では、顧客登録をすることができるお客様を不動産投資家様に限らせていただいております。また、下記のいずれかに該当する方に関してはご登録をお断りさせていただいております。なお、ご登録をお断りさせていただいた理由につきましてはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

①不動産投資家でない方
②反社会的勢力に関係がある方
③本人確認によってご本人でないことが明らかになった方
④本人確認資料に不足がある場合、又は偽造・変造された書類を提供した方
⑤司法書士の方、司法書士事務所で勤務している方
⑥その他、当事務所の運営上、顧客登録していただくことが適切でないと判断された方

↑ ページのトップへ