登録免許税シミュレーター ※平成28年度版

このページでは各登記で必要となる登録免許税をシミュレーションすることができます。
登録免許税とは、不動産について所有権移転や抵当権設定等の登記をする際に課税される税金です。

※対象不動産の不動産謄本及び評価証明書等(取引年度のもの)をご用意の上、ご利用ください。

下記の【シーン別必要となる登記】をご参考にしていただき、
【登記選択リスト】の中から今回必要となる登記をお選びください。
表示された入力項目をご入力の上、最後に【次のページへ】をクリックしてください。

シーン別必要となる登記

各シーンをクリックすると「必要となる登記」が表示されます。
「※必須」と記載されている登記は各シーンで必ず必要となる登記です。

シーン1:土地、中古の建物・マンションの売買

買主様ご負担

①所有権移転登記 ※必須
②抵当権又は根抵当権の設定登記(金融機関から融資を受ける場合)

売主様ご負担

①抵当権又は根抵当権等の抹消登記
②住所又は氏名の変更登記(登記記録上の住所・氏名と現在の住所・氏名が異なる場合)

シーン2:土地の売買と新築建物

パターン1:土地と新築建物を同時に購入する場合 パターン2:土地を先に購入し、後日建物を新築する場合
買主様ご負担
所有権移転登記(土地)※必須
所有権保存登記(建物)※必須
抵当権又は根抵当権の設定登記
(金融機関から融資を受ける場合)
買主様ご負担
(先)土地購入時
所有権移転登記(土地)※必須
抵当権又は根抵当権の設定登記(金融機関から融資を受ける場合)
 
(後)建物新築時
所有権保存登記(建物)※必須
抵当権又は根抵当権の追加設定登記(②で金融機関から融資を受け、土地に抵当権又は根抵当権を設定した場合には概ね必要となります)
売主様ご負担
抵当権又は根抵当権等の抹消登記
住所又は氏名の変更登記(登記記録上の住所・氏名と現在の住所・氏名が異なる場合)
売主様ご負担
抵当権又は根抵当権等の抹消登記
住所又は氏名の変更登記(登記記録上の住所・氏名と現在の住所・氏名が異なる場合)

シーン3:住所・氏名の変更(売買を伴わない場合)

所有者様ご負担

 ①住所又は氏名の変更登記 ※必須

シーン5:ローンお借換え(お客様が既にご所有の不動産)

所有者様ご負担
抵当権又は根抵当権の設定登記 ※必須
抵当権又は根抵当権等の抹消登記 ※必須
住所又は氏名の変更登記(登記記録上の住所・氏名と現在の住所・氏名が異なる場合)

シーン4:ローンお借入れ(売買を伴わない場合)

所有者様ご負担
抵当権又は根抵当権の設定登記 ※必須
住所又は氏名の変更登記(登記記録上の住所・氏名と現在の住所・氏名が異なる場合)

シーン6:ローン完済(売買を伴わない場合)

所有者様ご負担
抵当権又は根抵当権等の抹消登記 ※必須
住所又は氏名の変更登記(登記記録上の住所・氏名と現在の住所・氏名が異なる場合)
登記記録上の所有者に相続が発生している場合、相続登記が必要となる場合がございます。
詳細は別途お問い合わせ下さい。

登記選択リスト

今回必要となる登記のチェックボックスに を入れて、各項目お選びください。
なお、登記は複数選択できます。

※敷地権登記がされていない区分建物については、「建物」をお選びください。

不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分
所有権移転登記の原因をお選びください
   

※原因が不動産ごとに異なる場合は一度に計算できません。
※上記プルダウン以外の原因の場合は、別途お問い合わせください。

抵当権又は根抵当権のいずれかをお選びください
   
債権額または極度額をご入力ください
   

不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分

抹消すべき根抵当権が設定されている
不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分

※1個の不動産に複数の根抵当権が設定されている場合、また対象不動産(敷地権を含む)の数が20個以上の場合は税額を正確に計算できないことがございます。
詳細は別途お問い合わせ下さい。

抹消すべき仮登記が設定されている
不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分

※1個の不動産に複数の仮登記が設定されている場合、また対象不動産(敷地権を含む)の数が20個以上の場合は税額を正確に計算できないことがございます。
詳細は別途お問い合わせ下さい。

不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分
抵当権又は根抵当権のいずれかをお選びください
   

不動産の数をお選びください
建物

※新築マンション等の区分建物の所有権保存登記については
本シミュレータはご利用できません。

不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分
抵当権又は根抵当権のいずれかをお選びください
   

抹消すべき抵当権が設定されている
不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分

※1個の不動産に複数の抵当権が設定されている場合、また対象不動産(敷地権を含む)の数が20個以上の場合は税額を正確に計算できないことがございます。
詳細は別途お問い合わせ下さい。

抹消すべき賃借権が設定されている
不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分

※対象不動産(敷地権を含む)の数が20個以上の場合は税額を正確に計算
できないことがございます。詳細は別途お問い合わせ下さい。

不動産の数をお選びください
土地
建物
マンション等の
敷地権付区分建物
区分
所有権移転仮登記の原因をお選びください
   

※原因が不動産ごとに異なる場合は一度に計算できません。
※上記プルダウン以外の原因の場合は、別途お問い合わせください。

不動産の数をお選びください
土地

シミュレーター使用上の注意点

※正確な登録免許税額を算出するためには、
本シミュレーターでご入力いただく以上の詳細な情報が必要となる場合がございます。
正確なお見積りが必要な場合は、別途お問い合わせ下さい。

  • 本シミュレーターは、対象不動産が1つの法務局管轄内にある場合を想定しています。不動産が2以上の管轄に渡る場合は、別途お問い合わせ下さい。
  • 敷地権付区分建物の敷地権が所有権以外の地上権、賃借権の場合は正確な登録免許税額が算出できないことがあります。正確な税額が必要な場合は、別途お問い合わせください。
  • 個人の居住用として購入した建物については、登録免許税の軽減措置を受けられる可能性がありますので、別途お問い合わせください。
  • 所有権移転登記等の対象となる土地に公衆用道路等の非課税部分が含まれている場合は、登録免許税額が異なってきますので、別途お問い合わせ下さい。
  • 住所変更登記は、住所変更の原因等により非課税となる場合がございます。詳細は別途お問い合わせ下さい。

↑ ページのトップへ